イムディーナ行きのハプニングと夜のお散歩

 

 

イムディーナ

昨日はイムディーナに行ってきましたが、

波乱含み( 笑 )

またもや、マルタあるある!

 

 

スリーマからイムディーナへは、

パブリックバスで行くことにしました。

202のバスで、行きますが

途中の、ナッシャーという駅で

ふと、降りたくなって降りたのですね。

 

 

地元の人( マルチーズ)がたくさんいる

cafe に入り

朝ごはん。

 

 

ラテ、とっても美味しい💕

ミルクが美味しいんですよね。

マッシュルームサンドイッチも、かなり美味しい💕

 

 

カフェで満足したあと

バス到着予定の15分前に

バス停に戻ってきたんです。

マルタのパブリックバスは

ほとんど1時間に一本!

観光地なのに、本数、少なーい!

 

ところが、到着時刻を、40分過ぎても来ない

隣で待っていた観光客の

お洒落な女性が声を掛けてきて

「バス来ないよね!私、ローマから3日間の休暇で来ていて、時間がもったいないから、一緒にタクシーでイムディーナに行かない?」

 

 

でも、ここからイムディーナは結構、遠いんですよね。しかもタクシーもいないし、来る様子も全くない。

2人で悩んでいたら、マルチーズのおばちゃんたちが、声掛けてくれました。

その言葉は、衝撃的なものでした!

 

「運行スケジュールにあっても、このバスは、しばしば、運行を飛ばすよ!後、30分待てば、来るだろうけど!」

 

 

ローマから来た、マヌエラさんと

顔を見合わせて、絶句・・・

その時点で、わたしたち、もう一時間半は待っていました。

 

えーーーーっ!

一時間に一本しかないのに、その一本の運行を、勝手に飛ばすのーーーー?

 

ということで、マヌエラが

オッケー!元気出して

次の行き方、探そうと

マルチーズに聞きながら

バスをさらに2回乗り継いで

イムディーナに、最終的に、たどり着いたという

マルタあるある    の話 でした!

日本の交通機関は素晴らしいですね!!!

ローマでも、こんなこと、良くあるんですって!

 

 

やっとイムディーナに到着。

既に一時過ぎていました。

ここは

ガラス製品が、有名。

色とりどりで、とても綺麗です

 

 

 

おとぎの国のような

ステキなところです。

Old capital city Mdina.

 

 

一緒に長いバスの旅を楽しんだ

ローマから遊びに来た、ジャーナリストの

マヌエラさん。

お洒落なマヌエラさん

何気なく撮った写真が、絵葉書のように、素敵です!

 

 

 

 

 

 

 

その後、マヌエラさんは

歩いて、クラフトという海岸へ。

1時間半ぐらいなのかなー?

一緒に行く?って言ってくれたけど

丁寧にお断りして

私は、イムディーナの散策を楽しみました。

 

マリアのスペシャルサラダ

 

ホステルに帰ってきてから

近くの大きなショッピングセンターで

食材をゲット。

カートはこれ。

 

ヨーロッパ中の食材が手に入ります。

イタリア食材は安いけど、

フランス食材は、同じチーズでも3倍以上高いです。

 

 

今夜は、マリアとロザリアのために

お好み焼きを作ります。

さすがに、山芋がない。

もちろんお好み焼きの粉もないから

似たような芋をすりおろす作戦。

豚肉も買ってみたけど、安いー!

 

 

このオリーブは、塩気が少なくて

とても美味しい💕

 

 

昨夜は、友だちになった

Mariaが、スペシャルサラダを作ってくれて

私はお好み焼きを作ったの。

ワインとチーズ、オリーブとともに

ディナーを楽しみました!!!

最高❣️

 

このチーズはイタリア食品

美味しくて安い。1€しないときもあるんですって。

 

 

お好み焼きも美味しいと言ってくれて、

なかなか好評でした!

 

夜の海辺を散歩

そのあと、コロンビア出身のホワンくん

ベラルーシ出身のマリア

ノルウェー出身のリリーと

夜のお散歩に、セントジュリアンまで

7キロのお散歩をしました。

 

 

 

バレッタの街が、すぐ近くに見えて、

本当に綺麗!!!

ホワンくんが撮ってくれた写真。

 

 

 

 

マリアが誘ってくれて

たくさん話して、最高の思い出ができました。

 

今晩もみんなで、セントジュリアンに出かけて、ディナーをします!

嬉しいなー❣️

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`livedoor` not found]

ブログカテゴリーの記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください