他言語を習得するコツ

Hi,Eimyです。

マルタから日本に帰って来ました。

14時間のフライト中

2時間も寝なかったので

幸いJETLAGもなくて元気です。

マルタ旅行ではたくさんの外国の

方々と話す機会があり

感じたことがあったので

シェアしたいと思います。

 

 

こちらは、イギリス人の

RosalindさんとPaulaさん。

バレッタの歴史を知るための

シアターでショートムービーを

見るときに知り合いました。

歴史ツアーの後、一緒にご飯を食べました。

英語はもちろん母国語ですが

その他に、スペイン語、フランス語

中国語なども話せます。

日本語も知っています。

 

 

お二人ともキャリアウーマン。

Paulaさんは教師、Rosalindさんは不動産会社のマネージャーでした。

仕事でお忙しい中、どのように他言語を習得されたのでしょうか。

 

文法は言語習得の土台

本を読む、映画を観る

音楽で学ぶのもとてもいいわよね!

そして、とにかく人と話してみることかな。

そして、私の父が強く言っていたことは

文法は言語習得の土台であるから

しっかりやっておくこと。

土台が大きくて、しっかりしていたら

たくさん話すことができるようになります。

そして、少しでも多く言語に触れることだね!

 

そしてこちらの方は

ガイドさん。

優しく、分かりやすい英語で

マルタの病院について

説明してくれました。

発音から、多分地元のマルタ人だと思います。

マルタは

マルタ語という母国語もありますが

英語が公用語です。

 

 

私は英語スクールを営んでいるので

ぜひ、生徒さんの向けて

アドバイスをお願いしますと言ったら

快く、話してくださいました。

見てね!↓↓↓

バレッタからスリーマに移り

4つ星ホテルから、

とても素晴らしいホステルに移動しました。

ホステルで一番最初にお話ししたのは

中国人のYUXIさん。

ネイティブレベルの綺麗な英語でした。

残念ながらすぐにバイバイでしたが

なんと今年、友人の結婚式で

名古屋に来ていたらしいです。↓↓↓

 

発音気にするよりとにかく話して!

そしてこちらは
アイオンさん、 韓国人です。↓↓↓
ドイツ在住5年間、ずっと英語を使って、日常生活も仕事もしています。
お仕事はサイエンスの仕事って言っていました。
彼女は英語について、こんな風に言っていました。
「私の英語は韓国訛りがあるから、ドイツでは、発音について、言われたりして嫌な時があったの。
でも、実際は、そう言っている、ドイツ人の英語の発音も訛りがあるし、アクセントも違っていたりするのね。
だから、気にしないことにしたの。
とにかく、どんどん喋ったほうがいいと思うわ。」
彼女はフランスへのトランジットのために
マルタに立ち寄っていて、一緒に食事を楽しみました。
たくさん話してくれる素敵な女性でした。
何か言語習得についての
アドバイスをくれる?と聞くと
はにかみながら、メッセージをくれました。
見てね!↓↓↓

 

そしてこちらは21歳のギャレットくん

Brave young man

そして、帰りのバスで
隣に座った21歳の大学生
カリフォルニアのギャレットくん。
笑顔がとっても素敵で、明るい青年と
1時間、バスの中で話しました。
今年9月は、バックパッカーを経験。
16日間、水浴びも洗濯も川の水。
川で身体を洗うのは、気持ちいいよ!
誰もみていないしさ。
洗濯は、時々。2日間、同じ下着でも
問題ないものさ。
バックパッカー終えたあとは、
2ヶ月間、ヨーロッパ中を旅してるよ。
ほとんどバスだよ。
16時間バスで、移動も楽しいよ。
飛行機は、時間を気にして緊張するけど、
バスならwifi も使えるし、寝られるし
快適!
昨日は何食べた?の質問には
ほうれん草、チーズ、ミンチが入った
パイが美味しかったよ。大概そんな感じ。
お金セーブしなきゃいけないから、レストランはたまにだよ。
でも、ポーランドとか安い国があって
たくさん食べて、5ユーロとか最高!
物価が安い国、いいよ!
クロアチアも良かったな!
ヨーロッパ、英語が全然通じないところも、あって、苦労するけど、それはそれで、楽しい経験だし、歴史を学べていいよ。
マルタは、イタリア、スペイン、ロシア、フランス、イギリス、マルタ人が混ざり合ってる、英語だよね。
でも、みんなが英語話すから、かなり楽だよ。
今日はビクトリアを見て回ったんだ。泳いだしね!
昨日はイムディーナに行ったよ。
明日は、ブルーホールに行くから
また、この長い時間、同じバスとフェリーを使うんだよな!って、笑えるー!!
そんなに、旅していて疲れないの?って聞くと、えー?僕、21 歳だよ。全然だよ!
今、やらなくてどうするんだよって感じ。
これだけ旅していて、自分の中で何か変わった?には、
うん、変わった。
変わったと感じるよ。
何か問題があっても、大丈夫と思えるし
解決策をすぐに考えることができる。
適応力や判断力も上がったよ。
ギャレットくん、日本の青年や子どもたちに
メッセージくれる?って聞いたら
Sure !!! ってノリノリで、メッセージをくれました。
こちらです↓

 

楽しく学習したほうがいい

Juan ホワン くん、
言語はスパニッシュ 。↓↓↓
コロンビアから英語の勉強に来ています。
彼は世界中に、友達がいて、
友達のところやホステルに泊まったりしながら
旅も勉強も楽しんでいます。
格好つけていますが、優しい男の子です。
中学や高校の時は
英語の先生の教え方が悪くて
英語、大嫌いだったんだ。
でも、語学スクールなどの英語の先生が
教え方、うまくて、段々と好きになったんだよね。
マルタ島は英語でコミュニケーションが
基本だから、勉強になるよ!
Maria さん
ベラルーシ🇧🇾出身、このホステルで働いています。↓↓↓
Mariaは
ホスピタリティ溢れる、とても親切で
賢い、心の美しい女性でした。
夜のお散歩に誘ってくれたのですが
夢や思いをたくさん話してくれました。
Mariaは英語が流暢です。
ホステルに来たお客さんと
なんでも英語で対応します。
どうやってそんなに流暢になったの?
の質問に、ベースは学校の英語よ。
レベル的には、学校で学んだ時と
変わってないと思う。
でも、ここに来た時は
特にネイティブスピーカー相手だと
話すときに、躊躇したりしてたし
堂々とできなかった。
少しずつ話していくうちに
なんでも話せるようになったけどね。
私たちのように、英語が母国語ではない場合
ネイティブスピーカーのように
話せなくて、最初は英語使うのが、恥ずかしいけど
考えたら
母国語+英語を話せるんだよ!
私の場合はその他の言語も話せる。
それって英語だけしか話せない
ネイティブスピーカーより
すごいんじゃない?
だからどんどん話したら
うまくなると思う。と話してくれました。
左端はノルウェー人のリリーさん。↓↓↓
ノルウェーでは英語は幼稚園から
大学まで、全てその年齢に合った
レッスンが学校の授業で十分にあるそうです。
ネイティブスピーカーのレベルです。
しかも、ノルウェーは物価は
全てがとても高くて、税金もとても高いけど
教育関係は無料。
大学まで学費完全無料です。
そして、下はフランス人のLalghさんと
イタリア人のMilanさん。
朝、昨夜残った、お好み焼き(EIMY作)にチャレンジしています。
みんな、とても英語が上手。
私は旅行の時の、英語は簡単だし
きっこイングリッシュスクールで
先生たちとのコミュニケーションでは
全く困らないです。
ただ、ネイティブスピーカー同士や
ネイティブレベルの会話には
ついていけないことが多くてシャイになります。
でも、気分が乗っているときは、果敢に話すので
”あなたは、面白いねっ”て時々
爆笑されていました。↓↓↓
こちらはアルジェリア人のFathiくん↓↓↓
マルタで英語も学びながら
船の修理などの仕事をしています。
真面目な、好青年なので、
もっと英語が流暢に話せたら
彼の世界や、人生も広がると感じました。
他にも、台湾人やアメリカ人、セルビア人
リトアニアやマルタ人、イタリア人
いろいろな国の人たちと
交流しながら、感じたこと。
台湾人だけど、生まれも育ちもグアムのアンソニーくん↓↓↓
元教師のリトアニア人、リタさん↓↓↓
ローマから休暇で来た、ジャーナリストのマヌエラさん↓↓↓

やっぱり英語!

スペイン語でもフランス語でもないです。
みんなが意思疎通できる
共通言語はやっぱり英語!
相手が話していることがわかり
自分が話したいことを自由自在に話せたら
旅も自由にできるし
旅先で、他の国の人たちから
多くの情報を得られ、学ぶことができ
一緒に笑いあえて、楽しむことができます。

話すことに積極的になる!

私は友だち作りの天才です。

初対面でもすぐに仲良くなれます。

そもそも、嫌い!とか苦手!とか

相手に対して、ほとんど思いません。

(相手からは、思われているかもしれませんが気が付かないですし)笑

ただ、ネイティブスピーカーや
ネイティブレベルの人に対しては
かなり、従来の積極性が失われてしまいます。
急にシャイになってしまうのです。
でも相手がネイティブスピーカーであろうが
ネイティブレベルであろうが
ほとんどの人たちは、私の話をきちんと
にこやかに聴こうとしてくれるし
自分の話もたくさん話してくれます。
ヨーロッパから日本は遠いので
日本に来たことがない人たちが多いのにもかかわらず
いつかは行きたい!日本の寿司、美味しいよね。
東京に行ってみたい。どこに何日いけばいい?など
日本について、興味深々で聞いてきます。
だから相手がネイティブだからと
臆することなく、堂々としていればいいです。
実際、相手はこちらが流暢に話せるかなんて
なんとも思っていません。
私は流暢には話せませんが、今回
あなた、英語上手ねと、何人もから言われました。
もちろん反対に、こちらが流暢じゃないからと
露骨に無視する嫌な人も
いるんだなー、と気が付きましたが
でもそんな人はほんの僅か。
そんな性格が悪い人は無視しておけばいいし。
それが悔しかったら、もっと勉強したらすむこと。
一番いけないことは、
変なコンプレックスを持つことだなと
感じました。

旅をしていろいろな人と話す!

旅先であった人と話すと

聞いたことがない単語や言い回しを

聞くことができます。

だからいろんな英語に自然に触れられます。

これ、最高の学習方法だと思います。

ギャレットくんのように、旅をして

広い視野や判断力を身に着け

同時に英語も学習しましょう!

旅に出ると英語学習の

モチベーションアップするし

一石二鳥以上です!

 

帰るときに素敵なカードをマリアから

頂きました。

本当に嬉しいですよね!

 

一緒に楽しくがんばりましょう!

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`livedoor` not found]

ブログカテゴリーの記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください